男の人

小規模保育事業を始めよう!自治体から補助金を受けられるビジネス

インドネシアで成功する

握手

インドネシア進出支援コンサルティングサービスは、生産拠点や販売拠点として必要な事前調査を行なうだけでなく、優秀なビジネスパートナーを見つけたり、現地スタッフの採用活動を展開したりする上でも活用できます。

もっと読む

売り上げ管理のシステム

レジ

レジにPOSを導入することによって、店舗の売り上げを増加させることができます。これは季節や天候の移り変わりで、どんな商品は売れるのかを分析できるからです。その分析結果を元にして商品の仕入れも効率良く行うことが可能となります。

もっと読む

新しい保育施設の形

幼児と先生

3種類の形態

小規模保育事業は2015年度から始まった新しい制度で、3歳未満の子どもを保育の対象にしています。認可保育園の定員は60人未満ですが、小規模保育事業では定員が6人〜19人と少なく、きめ細かな保育ができるという特徴があります。小規模保育事業の形態には3種類あり、A型は認可保育園と同様に全員が保育士でなければなりません。B型は半数が保育士ですが、C型は保育士の資格がなくても、所定の研修を受ければ職員になれます。認可保育園よりも参入のハードルが低いとはいえ、子どもを預かるという重い責任を負うことに注意する必要があります。専門外の立場から事業を始める際には、ノウハウを知りつくしたコンサルタントに相談するのが望ましいでしょう。

自治体が認定

小規模保育事業は市町村の認可を受けて開園することになり、入園者は自治体が選考しますし、保育料も自治体が定めた金額になります。そのため全く自由に経営できるわけではありませんが、入園者を募集する必要がない点はメリットです。最初から定員いっぱいで経営を始められる場合もあり、収支が安定しやすくなります。また開園にかかる諸費用については自治体の補助金を受けられますし、社会性の高い事業ということで、金融機関からの融資も受けやすいのが特徴です。小規模保育事業は自治体ごとの保育需要によって、認可を受けやすい場合も受けにくい場合もあります。施設の内容だけでなく、設置場所の選定にも細かい注意を払うことが大切です。

立地条件と宣伝です

珈琲

新規でカフェを開業する場合は、事前の下調べがとても重要です。特に立地場所は良く考えて決めた方が良いでしょう。また、SNSなどをうまく利用して、広告費を抑えつつ口コミで人気を得ることも今後の経営には重要となってくるでしょう。

もっと読む